第15回サイディング実務者養成講座

with コメントはまだありません

前回の講座から1年が経ちました

クラフツメンスクールHPを閲覧いただきまして、ありがとうございます。

今回の講座は、参加企業がベトナムからの技能実習生の研修を終えたタイミングで、各社配属前にサイディング講座を学んでもらうという、新しい試みを加えたサイディング講座となりました。

ですので、鶴見の研修施設にマイクロバスが迎えに行き、新横浜駅でアサダ産業様やその他の日本人受講生達と合流し、静岡研修センターに行く前に作業着や安全靴などを買いそろえること等が必要となりました。

受講生は日本人、ベトナム人、インドネシア人で、14名が参加するという形となりました。

仲本代表理事の挨拶が始まると、とても真剣な表情で聞いていました。

建築の仕事に関わらず仕事をする上で大切な事は、「知ること」「決めること」「続けること」。
日本語が分からない実習生にはひらがなで教えています。

オリエンテーションでは「ビジュアルマップ」のワークをします。


今回も生徒さん同士でグループを作りディスカッション、初日からお互いにコミュニケーションを取ることが大切です。

講師の佐藤先生はこの道の大ベテラン、この講座では『サイディングとはなにか』『建築施工の流れ』『建物の部位の名前』など座学と実践で学びます。

午後からは実際に研修棟に移動して勉強です。
ベトナム語の通訳は、首都圏建設技術交流協同組合のティさんです。

2週間にわたる講座での注意事項を教えています。

2日目です。

始めは慣れないので防水シートが上手く張れません。

何度も繰り返す事で技術が上がり自信がついてきます。

つかの間の休憩では日本語とベトナム語そしてインドネシア語が飛び交っています。

(株)福泉工業 静岡工場の敷地内では、仮設足場設定や大工建て方・防水シートまで済んでいる建物を、一棟分丸ごとお借りしていて使わせていただいています。

参加企業
アサダ産業株式会社様、ゴトー商会様、ガイズカンパニー株式会社様

講師
オーシン窯業、佐藤旭さん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【講座のお申し込みやお問い合わせ】
メール:craftsmen.school@gmail.com
お問い合わせページはこちらから

※雨樋実務者養成講座・外装番頭講座・大工講座・防水講座・足場作業主任者講習など、その他講座の開催についてはお問い合わせください。

今回もツイッターやインスタグラムでは多くの反響をいただきましてありがとうございました。

ツイッターはこちら
インスタグラムはこちら